かぶだより

株式投資と日々の雑感

9月9日のトレード

朝はエリザベス女王が亡くなったニュースが飛び込んできてびっくりしました。
日経平均はSQ通過で前場は乱高下しましたが、終わってみれば微上げで28,000円台を維持。
 
新しく決めた売却ルールで端株運用をし始めましたが、早速効果を発揮しました。
東京海上を売却せずにセーフ!
またまた場中にめちゃくちゃ下がりましたよー笑
利小損大では投資している意味がないので適宜見直しすることが大事ですね。
 
今日はアステラス製薬を利確したので、これで端株は11銘柄になりました。
あと3銘柄は減らしたいかなー
 
月曜日は伊藤忠に頑張っていただきたいが、どうなることやら。
 
 
***
 
 
今日は3回目のワクチン接種をしてきました。
 
5月に3回目のワクチン接種(ファイザー)の予定だったのですが、接種3日前に濃厚接触者になってから自宅待機→無症状だったので、ワクチン接種の機会を逃してしまったんですよねー
 
私の住んでいる県では自宅待機期間が過ぎればPCR検査も不要なので、実際は陽性だったかどうかも定かではありません(・・;)
陽性者本人は40度の熱と咳がひどかったのに、私は毎日うがい薬でうがいをしていたせいか熱も咳もなかったので、どうだったんだろうなー
前回のワクチン接種から7ヶ月も経っていて抗体もあんまりなかっただろうに、よく無症状でいられたもんだ。
 
 
で、今回の3回目ワクチン接種ですが、ノババックスにしました!
 
 
ノババックスが開発した新型コロナウイルスワクチンは、「組換えたんぱくワクチン」という種類です。人工的に作ったスパイクたんぱく質そのものを投与することで、免疫の反応を引き起こします。 この技術を使ったワクチンはすでに「帯状ほう疹」や「B型肝炎」などのワクチンで実用化されていて、広く接種が行われています
。 一方、これまで日本国内で使われているファイザーやモデルナの「mRNAワクチン」と、アストラゼネカの「ウイルスベクターワクチン」では、遺伝情報を伝達する物質や遺伝子を投与して体内で新型コロナウイルスのスパイクたんぱく質ができるようにして抗体を作るようにしていました。
 
 
組換えたんぱくワクチンはB型肝炎などのワクチンで実用化されている実績があるので、未知のmRNAよりはまだ信頼感があるのではないかと笑
 
実際、1回目と2回目のファイザーはどちらも発熱してしまいましたんで。
 
知り合いがノババックスを6月に打ってるのですが、当日も翌日も熱が出なかったらしいです。
確かに8時間以上経過した今も熱は出ていなので副反応は軽そうです。
 
ただ、ノババックス、打った直後がめちゃくちゃ痛かった笑
痛みがどーーーん!!ときて、腕が上がらないんじゃないか??と思いましたが、座って安静にしている10分くらいの間に大丈夫になったので、モデルナアームとはまた違う感じなのですが……なんだったんだろう?
 
今は腕も上がるし熱もないしで副反応らしい副反応はありません。
 
また、何かあったらブログに書こうと思います。
 
 
***
 
 
保有銘柄
積立NISA(長期積立)
SBI・V・全米株式 +6.89%
eMAXIS Slim S&P500 +3.00%
 
SBI(単元株スイング)
三菱UFJ +0.11%
ENEOS -1.44%
 
ネオモバ(端株スイング)
TOPIX Core+Large(11銘柄) -1.26%
 
 
◎ネオモバ利確
アステラス製薬 46株 +1,288円
 
 
◎年利回り
2022年(資金800万円)
合計 +913,724円
年利 +11.42%
(税・手数料引き後)
 
(参考)
日経平均 +0.53%
TOPIX +0.40%
マザーズ +2.42%
 
 

にほんブログ村 株ブログ 株 スイングへ
にほんブログ村

いつもクリックありがとうございます!!


人気ブログランキング